観戦前に楽もう!相撲グルメとグッズが充実の国技館

 

国技館はただ、土俵があるだけではありません!

子供連れでも恋人と一緒でも、老若男女が楽しめる立派な娯楽施設で、相撲に関連した名物のグルメをはじめ相撲グッズが並ぶ売店もたくさんあってお買い物も楽しむことができます。観戦する日は早めに館内に着いて国技館の中を楽しみたいですね。

 

力士の等身大のパネルと記念撮影しよう

http://www.sumo.or.jp/Kansen/guide

 本場所開催中の国技館入口には、力士の四股名が書いてある「相撲のぼり」が並んでいて雰囲気が盛り上がります。館内に入ると横綱と大関の等身大のパネルが展示されていて相撲女子に話題の撮影人気スポットとなっています。 横に並んで撮影すると自分がとても小さく見えるので-何だか不思議な感じがします。

 

 

売り切れ確実な人気の手ぬぐいは早めにゲットしよう

http://www.sumo.or.jp/Kansen/tokyo

 

国技館の入口には大相撲協会の公式グッズコーナーで販売されている手ぬぐいが大人気です。大相撲の裏方や横綱土俵入りなどのデザインの粋な柄が揃っていて千秋楽前には完売してしまう手ぬぐいもあるくらいです。

国技館でしか買えない手ぬぐいもあるので、館内に入ったらすぐ見に行きましょう。ちなみに相撲女子のお目当ては大相撲協会の公式LINEに登録すると先着でもらえるオリジナルグッズで、観戦日当日にスマホのクーポン画面の提示でもらえるグッズだそうです。

 

 

国技館グルメとグッズが盛りだくさん! 売店めぐりをしよう

http://www.kokugikan.co.jp/obento.html

国技館の中には名物グルメや相撲グッズを売っているお店がずらりと並んでいます。トップクラスの人気の名物は「国技館やきとり」です。本場所中には1日平均4万5000本も売れるそうです。

しっかりと腹ごしらえをした方には「力士弁当」各1150円が人気です。横綱と大関の力士好きな食べ物や地元に関連したオリジナル弁当を楽しむことができます。

常連客にも人気なのは国技館の地下1階大広間で12時から16時に売られている「相撲部屋特製ちゃんこ」250円で、場所ごとに違う相撲部屋が担当するそうです。

国技館の2階には、焼き鳥丼やちゃんこ鍋が食べられる「レストラン雷電」をはじめ、ソフトクリームが好評の「国技館カフェ」や国技館限定メニューのひよちゃん焼きが味わえる「焼きたて屋」などなど…気になるグルメが盛りだくさんです。グルメ以外も相撲グッズも種類が豊富で売店によって商品が異なるのでひと通り見てかの購入がおすすめです。 好きな力士のアイテムを準備して観戦すると楽しいですね。

Sponsered Link

相撲女子がデザインした相撲グッズもチェックしよう!

http://www.kokugikan.co.jp/baiten.html

 

国技館で売られているグッズとは別にお相撲さんのデザインの雑貨が人気を集めているようです。デザインをしているのは全員が女性で相撲女子ならではの相撲に対する愛を感じるアイテムが揃っています。

「花籠や」のりきしシリーズのメモ用紙やポチ袋など思わず微笑んでしまうデザインが好評です。

「murmure」は、お相撲さんだけではなく行司や呼出のデザインのアイテムも揃っていて相撲愛を感じます。

イラストレーターのはしのちづこさんは、ゆるいタッチのお相撲さんのデザインで癒されます。土俵入りや弓取り式などの相撲に関する場面をデザインしたものもたくさんあります。

雑貨ブランド「西東」のおはぎやまシリーズも人気が高く、文房具などの使えるアイテムが多数あるので会社などでも使っても癒されますよ。

 

 

相撲だけじゃない!国技館に行ったら、ぜひ時間の許す限りいろんなところを回ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。