大相撲鶴竜関 日本語のうまいお相撲さんはとっても家族思い!

   2016/12/11

%e9%b6%b4%e7%ab%9c

画像出典 日本相撲協会

このページでは鶴竜力三郎さんのことを紹介します。モンゴル出身で井筒部屋に所属。2016年の九州場所で優勝した際の、夫人と長女からの熱烈なキスの様子がマスコミに取り上げられて間もないですね。鶴竜自身は恥ずかしかったがうれしいとコメントをしていました。家族思いなのですね。

祝杯を手にしてのインタビューの際にも、きちんと整った日本語をごく自然に流暢に話していたことも注目されています。

一部のネットユーザーからは石原さとみに似ていて可愛いとの声もあるようです。

 

横綱鶴竜、決定戦を制した優勝パレードの模様(平成27年・秋場所千秋楽)

 

鶴竜ってどんな人

鶴竜関は、モンゴル・スフバートル出身で本名マンガラジャラブ・アナンダさんなのでニックネームは「アナンダ」なのだそうです。

生まれ育ったのはウランバートルですが、父親の出身地であるスフバートルを自身の出身地として登録しています。スフバートルはロシアとの国境の町で、中国とロシアを結ぶ鉄道の駅があることでも知られています。

四股名は鶴竜で、横綱になっても使い続けています。

昭和60年8月10日生まれで、身長は186.0cm、体重は155.0kgです。好きな食べ物は焼き肉で、ハラミが大好物とのことです。

第71代横綱です。

Sponsered Link

戦歴・受賞歴

平成28年11月場所時点での戦歴は以下の通りです。

生涯戦歴が90場所合計で662勝437敗44休、幕内戦歴が60場所合計で522勝334敗44休です。

また、受賞歴は、幕内優勝3回(2014年3月場所から2016年11月場所)、三段目優勝1回、殊勲賞2回、技能賞7回です。

 

決まり手の傾向

平成28年11月場所時点、過去6場所の取り組み結果に基づいての算出によると、決まり手の傾向は以下の通りです。

寄り切りが40%、押し出しが14%、叩き込みが12%、その他が34%となっています。まわしを掴み、寄り切りに持ち込むのが圧倒的に得意なのですね。力技の叩き込みもよく見られます。

寄り切りが多いのは稀勢の里関と似ているかもしれませんね。

田子ノ浦部屋 ガチンコ力士稀勢の里関のファンになろう!

79取組57勝という勝ち越しの成績をおさめています。

 

平成28年の鶴竜関の成績

1月場所では、東横綱の地位で10勝5敗でした。

3月場所では、東横綱の地位で10勝5敗でした。

5月場所では、西横綱の地位で11勝4敗でした。

7月場所では、4日目から休場で2勝2敗でした。

9月場所では、東横綱の地位で10勝5敗でした。

11月場所では、西横綱の地位で14勝1敗でした。

棒グラフで分かるように休場のところが痛かったですが、それ以外は青色が赤色を圧倒する見事な成績ですね!

 

【まとめ】

平成28年11月場所14日目時点で優勝が確定した鶴竜関。インタビューの際のはにかむような表情が印象的でした。7月場所では4日目からの休場で不戦敗の成績もついてしまったものの、その後9月場所では見事復帰を果たしました。強さと、家族思いの優しさを兼ね備えた魅力的な方です。これからも、頑張ってください!

 

日本相撲協会公式ページはこちら

*このブログの大相撲動画は大相撲中継やニュース番組をキャプチャリングしたものではなく、すべて個人撮影のものとなっており、著作権上の問題は一切ございません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。