全国まとめ!ランチに使えるチェーン店で昼食をお得に!

 

日本のサブカルといえば、これも欠かせませんね。誰もがお世話になったことのある安くて美味しいチェーン店をご紹介です!

ラーメン

熱烈中華食道 日高屋

画像出典 熱烈中華食堂日高屋

日高屋といえば、ラーメン、定食、単品、お持ち帰りがそろっているのが特徴ですね。

そして、ほとんどの食事がワンコインで済むのがとてもお得。お会計の時に、次回から使えるトッピング無料or大盛り無料券と遊園地の割引券が付くのもうれしいところですね。営業をしている方や学生さんまで、そのワンコインの安さから大人気ですね。またトッピングの種類が豊富なのでカスタマイズできるのも魅力ですね。季節限定商品も魅力的です。

幸楽苑

画像出典 幸楽苑

家族連れにとってのラーメン店といえば、幸楽苑というイメージがあります。食べるとホッとする中華そばは大人気ですね。

また各味付けの麺類は1杯420円ほどと500円でお釣りが来ます。鶏白湯など変わり種もあります。

お子様向けのお子様メニューやアレルゲン表示が非常に充実しているところも大きな魅力です。

家族向けというだけあり、デザートメニューも充実しており、女性の一人ランチにも気軽にデザートまで楽しめるお店だと思います。

餃子の王将

画像出典 餃子の王将

今回、取り上げたお店の中で最も品数に富んでいるのは餃子の王将でしょう。

夜飲みでおなじみですね。サラリーマンの皆さんにはおなじみですね。

お持ち帰りで10円容器代がかかるのはお忘れなく。

また、女性にも嬉しい、にんにくなし餃子や、ジャストサイズという少し小さめのメニューがある所は嬉しい点ですね。

食べ物に関してはほとんど500円を超えるので、たまのご褒美にはもってこいのお店だと思います。

スガキヤ

画像出典 スガキコ公式HP

関東の方には名前は聞いたことのある、そして出張した時に遭遇する。もしくは、東海地方の方にとっては懐かしの味ですね。

値段形態が非常に明快でトッピングのみで値段が決まってくるというシステムになっています。お財布と相談できるのは嬉しいですね。

また、カレーもトッピングによって値段が違います。

メニューは少ないですが、その値段のわかりやすさでコストを抑えているという感じがします。

バーミヤン

画像出典バーミヤン

中華が食べたいときはこちらですね。ファミリーで行くイメージも多いこちらですが、実はランチメニューも豊富なんです。

ランチは普通の中華のランチから麺類を選択できるお好み麺ランチがあります。(ドリンクバー付き)

全てのランチメニューには、スープバーがついており(麺類は除く)、そこに更に餃子や、サラダ、デザートも付けられます。

ランチは17時とほぼ夕方まで行ってくれているのも非常に嬉しい点ですね。

パスタ

サイゼリヤ

画像出典サイゼリヤ

日本に一大旋風を巻き起こしたイタリアンレストランチェーン店ですね。299円からあるドリアなどお財布への安さでは一番でしょう。

他にもほとんどのメニューがワンコインという安さがうれしいです。

ランチは、サラダとスープがついて500円ですね。ドリンクバーも110円と手ごろです。

得意のドリアやスパゲッティ、お肉類も定期的にメニューが変わるなど嬉しいメニュー展開です。

シェーキーズ

画像出典シェーキーズ

バイキングのピザといえばこちらが有名ですね。奮発したいときにもってこいです。

定番のピザから和風、デザートまで、その種類の豊富さが非常に魅力です。

また、大きさもきちんとわかりやすく表示されています。

何よりもうれしいのは、ピザ食べ放題となると気になるのは、野菜不足と炭水化物の摂りすぎですね。

そんなあなたの為に、サラダバーもあるのが魅力的です。持ち帰りメニューも豊富にあるのも魅力的ですね。

ゆであげ生パスタ ポポラマーマ

画像出典ゆであげ生パスタ ポポラマーマ

美味しいゆで上げの生パスタで有名なチェーン店ですね。最近では店頭でも、生パスタを販売するといったことにも取り組んでいます。

ランチメニューは600円~ですが、パスタとサイドメニューが選べたり、ドリンクバーや、大盛りなども予算にあわせて選べます。

また、季節のパスタも魅力的です。そして、サイドメニューもなかなか味わい深く、ハーフパスタが存在します。

一度はまると抜け出せないお店でもあります。

そば・うどん

ゆで太郎

画像出典ゆで太郎

昔からひっそりとあるうどんとそばのチェーン店ですね。

うちたて、ゆでたて、あげたてがモットーだそうです。そのメニューは非常にシンプルで飽きが来ないことが武器なのが見えますね。

また、季節限定商品や朝セットがあるのも、働く男性の強い味方ですね。

値段は単品なら基本的に500円未満とお財布にやさしいのも非常に嬉しいですね。

はなまるうどん

画像出典はなまるうどん

うどんの革命児といえば、こちらのお店になるでしょう。ほぼすべてのメニュー・サイズが500円で済むのがうれしいところです。

女性や子供が多いのも特徴ですね。フードコートにも多く出店しています。

そして、革命児ともいえるのが、レタス一個分の食物繊維をうどんに練り込んだ麺を開発するなど、常に革新を続けるところです。

Sponsered Link

讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺

画像出典 讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺

檀れいさんがCMに出演しているのも印象的なのがこちらの丸亀製麺さんです。国産小麦を100%使っているのも特徴です。

こちらの売りは何といっても、釜揚げうどんです。アツアツをいただきます。

他にも、他とは少し違った女性向けの明太釜玉うどんなど、鉄板から変わったうどんもあります。

また季節のうどんが一癖も二癖もあるのも特徴ですね。鉄板と飽きさせない、それがこちらの特徴ではないでしょうか。

長崎ちゃんぽん リンガーハット

画像出典長崎ちゃんぽんリンガーハット

女性にとって行きやすい麺類チェーンの先駆けですね。

長崎のご当地グルメ、ちゃんぽんです。皿うどんも取り扱っています。

日本で育った野菜もたっぷりなので、太りやすいといわれる麺類でも入りやすいお店です。

このちゃんぽん野菜が多いサイズも、普通のサイズもありその日の気分に合わせられるのも魅力ですね。

また、健康にも配慮した減塩シリーズもあるので、健康は気になるけど、麺類もたまには食べたい方にも人気です。

牛丼、カレー、丼

吉野家

画像出典吉野家

 牛丼のパイオニアといえばこちらでしょう。就職活動中の学生さんにも、手早く食べれて安い美味しいが揃ったお店ですね

他店よりも少し狭い机がより早く食べれるように設計されてるのも特徴ですね。

最近は、牛丼以外にも朝定食を取り入れるなど、多角的なメニュー展開になっています。

しかしながら、その値段展開は、変わらずワンコインでお釣りがあるものがありますね。

すき屋

画像引用すき屋

女性に根強い人気を誇る牛丼店といえば、こちらですね。

女性の好きなチーズをふんだんにつかった牛丼や、ミニサイズまで女性に向けの商品がとにかく多いです。

また、店舗内にも工夫がされており、女性に入りやすいようにテーブル席が屋設置されているのもポイントです。

他にも、デザートや、お子様向けの牛丼があるなど、ファミリー向けの牛丼屋さんのパイオニアといえばこちらでしょう。

松屋フーズ

画像出典松屋フーズ

牛丼店の中で今、もっとも安定的な経営を確立しているのは松屋ではないでしょうか。

タッチパネルの導入や、またメニューもサイズは様々、何よりも素材に気を使っているのが松屋です。

牛丼といえば、今でもジャンクフードといわれがちです。

そこを払しょくしようと添加物を排除するというのが、こちら松屋の最大の特色であり、魅力です。

男性だけでなく、女性の固定客がいるのは、そんなところに秘密があるのだと思います。

なか卯

画像引用なか卯

丼のお店としてコアなファンを獲得しているのが、こちらのなか卯ですね。一番人気は牛丼ではなく親子丼なのがびっくりです。

麺類もうどんとそばがありますが、二八そばを使った季節限定品もあります。

また、季節限定商品は毎回、他店では全く真似されないようなものもおおいため、価格設定が少し違うからでしょう。

少しだけリッチな丼をフラッと食べたいときに立ち寄るのにぴったりではないでしょうか??

東京チカラめし

画像引用 東京チカラめし

これぞ男子の飯というのがこちらの特徴ですね。メニューを見ても全くの隙もありません、

大食い女子には入れるかもしれませんが、普通は恐らく無理ですね。

「肉・肉・肉」の嵐のようなメニュー展開です。そしてサイドメニューも裏切りません。

「揚げ物・揚げ物・揚げ物」とひっそりとサラダが一つ。がっつり食べたい男子学生向けのお店です!!

カレーハウスCoCo壱番屋

 

画像引用カレーハウスCoCo壱番屋

カレーが食べたくて困ったらこちらという方多いのではないでしょうか??

これでもかという種類のトッピングの豊富さと、ライスや辛さを非常に細かく調整できるという嬉しいシステムです。

お子様がいる家庭なんかにも嬉しいですよね。今日は牛?豚?鳥?それとも魚貝⁇

ツイッター上でトッピング全部のせが行われるなど、とにかく自由度が高いお店ですね。

てん屋

画像引用天丼てん屋

天丼が食べたくなったら、一番お手軽なのはこちらですよね。お持ち帰りできるのもとっても嬉しいところです。

W炭水化物なうどん・そばセットがあるの魅力的です。

こちらは季節限定メニューで日本の四季を彩る野菜やお魚をメニューにふんだんに取り入れてくれます。

そういう点でも嬉しいですよね。また、一品メニューも豊富なので、少し食べ足りない時にもお勧めです。

弁当チェーン店

ほっともっと

画像引用ほっともっと

弁当チェーンといえばこちらが浮かびませんか…?なんだか、年に一回は、ここのお弁当が無性に食べたい日が来ます。

のり弁の安さはいつの時代も驚かされますが、いつ食べてもどこかほっとしてしまいます。

また、和洋中のお弁当がお手頃価格で揃っているので、その日の気分に合わせてステーキから、ビビンバまで。

そして、豚汁も売っているのも嬉しい点ですね。

ほっかほっか亭

画像引用ほっかほか亭

他のお弁当チェーン店と比較した時、少しだけ違う。そんな印象を受けるのがこちらですね。

揚げ物だけではなく、旬菜をいれたお弁当や、おにぎらずを販売、そしてサイドメニューも外していません。

非常にバラエティに富んでいるのが魅力的です。またそれでいて値段も低価格帯なのもお財布にも嬉しいです

デラックス弁当やオードブルも販売しており隙が無いのも特徴です。

本家かまどや

画像引用 本家かまど家

圧倒的な華やかさがあるのが、こちらのお弁当屋さんではないでしょうか。とにかくおおぐいさんとっては味方といってよいでしょう。

他店を圧倒するほどに、単品の販売数が多いです。そのため「これも食べたい」っていう女子の大食いさんにも向いていますよね。

ちょっとだけたべたい方にも、優しいおにぎりやサラダもきちんと用意されています。

基本的には豪華なので、少しお値段は張りますが、豪華ゆえに栄養もきっちり取れる、そんなお弁当屋さんです。

オリジン弁当

画像引用 オリジン弁当

390円弁当が有名なこちらオリジン弁当、近年はおかずにも力を入れています。いわゆる中食ですね。

その為、ただのお弁当だけではなく好きなおかずを好きなだけ選べるのも女性の心をつかんでいます。

そのメニューは旬や流行りを大事にして、今回あげさせていただいたお弁当チェーンの中でもっとも女性向けのお店といえます。

家族のいる人にも、単身のひとにも手軽に立ち寄れる、お財布や体にも柔軟に対応するお弁当屋さんです。

定食屋

大戸屋

画像引用大戸屋

女性が手軽にはいれる定食屋さんといえばこちら!大戸屋さんですよね。

こちらの大戸屋さんの強みといえば、何といっても家庭の味です。少しお値段は張りますが、その価値がある。

優しい味付けとその日の気分に合わせてメニューの中から野菜やお魚、お肉を味わうことができます。

またご飯も白米と五穀米を選べるなど、その健康志向への徹底ぶりは随所に現れています。

大戸屋はパフェやサイドメニューも充実しており、Pontaを利用できるのも嬉しい点です。

やよい軒

画像引用やよい軒

家族でも、一人でも、友達とでも、どんなシチュエーションにも対応するのがやよい軒のすごさです。

そして、メニューも四季折々のものを発表しつつも、定番メニューも多彩です。洋食和食中華と網羅されています。

特に洋食は希少なステーキを使用するなど、こだわりが感じられます。またお魚の定食もあるのも素敵な点です。

お値段は少ししますが、ご飯お代わり自由、漬物も食べ放題なのも嬉しいところです。

安楽亭

画像引用安楽亭

焼肉といえば、夜に行くイメージが多いのですが、こちらの安楽亭さんは昼からも営業しておりランチメニューもあるんですよ。

なんとワンコインのランチから、お肉セレクトできるランチ、ごちそうなランチまで。

その守備範囲は非常に広く、それでいて高くても1000円前後とお財布にやさしいです。

元から家族層に人気のこちらのお店ですから、そういう意味ではがっちりお客さんをつかんで離しませんね。

ステーキハンバーグ&サラダバー けん

画像引用 ステーキハンバーグ&サラダバーけん

1000円台でサラダバーとスープ、ライス、カレーがついてきてお肉も食べられる。

そこが魅力のお店ですね。

ランチメニューは奇をてらうということはなく、誰にでも食べやすい味が揃っています。

お肉も食べたい、サラダも食べたい、女性にも健康を気にするサラリーマンさんにもぴったりのお店ですね。

ハンバーグレストラン びっくりドンキー!!

画像引用 ハンバーグレストラン びっくりドンキー!!

ハンバーグの革命児といえばこちらですよね。ハンバーグを食べたい日に行きたいのがこちらですよね。

ハンバーグに特化されているだけあり、多種多様な味のハンバーグが用意されており、びっくりの名前だけはあります。

また、アラカルトやサラダも充実していますし、ドリンクも他の追随できないほどに豊富です。

食べものだけでなく、飲み物も魅力のお店です。

とんかつ・かつや

画像引用とんかつ・かつや

天丼からかつ丼、フライまで、非常にメニューの幅が広いのがこちらのメニューの特徴ですね。

がっつり食べたい男子にとっては嬉しいお店です。

また、非常に魅力的なのがお弁当があることです。電話で予約しておけばあつあつで時間なしで受け取れるお弁当です。

カレーがあるのも隙がない布陣です。

お店の中でもお店の外でも、熱々の丼を美味しく楽しめるのは最高のお昼タイム間違いなしです。

とんかつ和幸

画像引用とんかつ和幸

とんかつといえば、こちらのお店ですね。とんかつ和幸さん。

ごはん・味噌汁・そしてキャベツのお代わり自由がうれしいのがこちらの魅力です。

ランチメニューは、ひれかつじゅうからお肉、エビフライとカツといえば食べたいもの!!が含まれたメニュー展開になっています。

その為、その日の気分に合わせて、カツを楽しく味わえますね。

居酒屋ランチ

居酒屋さくら水産

画像引用居酒屋さくら水産

こちらの目玉は日替わり定食ですよね。ワンコインです。そして肉と魚から選択できるのも嬉しいところです。

またお代わり自由のごはんと味噌汁と、食べ放題のノリ・お新香・生卵も嬉しいです。

他にもサバみそ定食と刺身定食も提供されており、両方700円以下で提供されております。

その流通力の強さで、美味しいお魚に昼から舌鼓をうつのも粋ですよね。

天狗

画像引用 天狗

全国にお店がある天狗もランチを行っています。

実はとっても豪華で、多種多様なメニュー展開を行っております。

豪華な唐揚げ10個のランチもあります。また日替わりメニューも600円前後で食べられます。

またそれ以外にも和洋中が揃っていますし、まるで定食屋のような麺類と丼のセットもあります。

居酒屋ランチの初挑戦にもピッタリではないでしょうか。

ハンバーガー・ファーストフード

McDonald’s

画像引用 McDonald’s

日本におけるハンバーガーの草分け的存在といえばマクドナルドですよね。

昨今はランチにも力を入れており、多様な組み合わせを値段に合わせて行うことができます。

その為、元々庶民の味方的な要素がありますが、ますます強まっていますね。とにかくワンコインなのが強みです。

またハッピーセットは今でも健在で、たまの楽しみに小さなお子様とのご飯にもピッタリだと思います。

ロッテリア

画像引用ロッテリア

サイドメニューが圧倒的に豊富なのがこちらのロッテリアさんですね。

また、たびたび話題をかっさらっていくような企画を打ち出しても来ますね。

ランチメニューは特にないですが、ハンバーガーは最近はチーズ類と絶品シリーズに力を入れています。

チーズが好きな女子向けにロッテとのコラボレーションの商品も独自に展開しており、メニューが女性向けですね。

ファーストキッチン

画像引用 ファーストキッチン

全ハンバーガーチェーンの中で最もバラエティに富んでいるのがこちらの、ファーストキッチンです。

日替わりのトクトクセットは、本当にお手頃な500円で味わえます。根強いファンが多いですね。

またほかにもパスタや、鉄板のハンバーガーから少し変わった国際感あふれる味わいのハンバーガーまで揃っています。

その為、ハンバーガーが食べたい人もパスタが食べたい人も、手軽に通えるお店ですね。

フレッシュネスバーガー

画像引用フレッシュネスバーガー

日本発祥の非常にこだわりの強いハンバーガーショップといえばこちらです。

非常に大きなハンバーガー、トマトをはじめとする野菜、果物と、とにかく値段に相応の大きさを誇ります。

新鮮野菜と、こだわりのバンズが特徴ですね。ランチではセットメニューもありお手頃な価格もあります。

またドリンクカードやフレッシュネスカードがあるなど、実は嵌ってしまう隠れたファンが多いのもこちらです。

ドムドムハンバーガー

画像引用ドムドムハンバーガー

数は多くないのですが、全国の主要都市に進出しているのがこちらのドムドムハンバーガー。

ぞうさんが目印の優しい味わいが特徴のお店です。ジャンクなのですが、その優しさからほっとするお店です。

そのメニュー展開は非常に厳選されており、基本的なメニューは奇をてらわないものです。

季節限定メニューが余計に際立つ、楽しみになるお店ですね。

ベッカーズ

画像引用ベッカーズ

大人のハンバーガーショップといえば、こちらベッカーズさんですね。

クロワッサンとハンバーガーの2つ展開を行っており、また、各メニューはシングルとダブルを選べます。

その日のおなかに合わせて具材を多くできますし、またちょっと趣向を凝らしたメニューがあるのも嬉しいお店です。

現在はほかにもプレートメニューが展開されており、常に変化しているのも楽しい点です。

BURGER KING

画像引用 BURGER KING

アメリカのフロリダ州から日本にやってきたハンバーガーチェーンといえば、バーガーキングですね。

直火で焼くことでしっかり余計なお肉の油を落としつつ、食べごたえはしっかりなワッパーが大人気ですね。

他にもサイドメニューもアメリカンサイズです。また、ダブルキングという非常に食べごたえあふれるメニューもあり、

ジャンクな気分の日にぴったりなアメリカンバーガーですね。

モスバーガー

画像引用 モスバーガー

美味しい国産野菜と、美味しい厳選素材をふんだんに使ったハンバーガーが大人気なのがこちらのモスバーガー。

レタスをバンズ代わりに使う斬新な菜摘は、実は期間限定からレギュラーに昇格しています。

また、ソイパテで大豆をお肉の代わりにするなど、いち早くヘルシーなハンバーガーに取り組んでいます。

またアレルギーにも対応するなど国内の情勢を読んでいる企業という意味ではここがぴか一でしょう。

ジャンクは食べたいけど、野菜も食べたい。そんな欲張りさんにおすすめです!!

SUBWAY

画像引用 SUBWAY

野菜をたっぷり使ったサンドウィッチを堪能できるチェーン店といえば、こちらSUBWAYですね。

野菜の量を調整できることも嬉しいですし、ソースやパンの種類まで自由にカスタマイズできるのが魅力ですね。

女性に大人気なのがこちらです。メニューは様々で、日替わりで美味しいパンが安く食べられるのも魅力です。

また、サイドメニューのサラダが非常に豊富なので、野菜がたくさん食べたい!という日におすすめです。

ケンタッキーフライドチキン

画像引用 ケンタッキーフライドチキン

チキンを食べたい時といえばこちらですね、熱々のチキンと独自製法のスパイスで大人気です。クリスマスは本当に大混雑です。

ランチのケンタッキーといえば、お得なランチバリューですね。美味しくそしてお得に食べられます。

セットだとアップルパイなどのサイドメニューがお得に食べられるのもとても嬉しいところです。

やはり、熱々をかぶりつきたいですね。

ファミレス

ガスト

画像引用ガスト

ファミレスの中で幅広いメニューを手ごろな価格で揃っているのがこちらのガストです。

日替わりランチは500円ほどでランチとスープがついてきます。和風と洋風なメニューが揃っており、手軽にランチが楽しめます。

他にも期間限定メニューが常にあるのでお手頃なのに目が離せないのがガストの魅力ですね。

夢庵

画像引用夢庵

オープンから17時まで利用できるランチメニューはメニューがとにかく豊富です。HPから確認できるのも嬉しいところ。

鉄板な丼物から、うどんなどの美味しいお蕎麦やお魚メニューも、なんとも隙がありません。

もちろんお値段もお手頃に1000円以内に収まります。お財布にも優しい。

ファミレスなのでお子様がいるご家庭でものんびり楽しめるのも嬉しい点ですよね。

デニーズ

画像引用 デニーズ

デニーズといえば画期的なサーモンバーグが印象的な昔からあるファミレス屋さんですよね。

近年は飲み物にも力を入れているの知ってましたか??

そんなデニーズのランチ事情といえば、昼デニ・得ランチ・バリューランチと様々です。

デニーズは何といっても洋食にランチの強みを誇っているので、洋食でしっかり美味しいものを食べたいときにおすすめです。

ココス

画像引用 ココス

ハンバーグが魅力のココスですが、実は非常に全体のクオリティも高いんですね~。ご存知でしたか??

ランチメニューは15時までと他と比べると短いのですが、その内容の充実度と、隙の無さはほかの追随を許しません。

ハンバーグだけでなくパンも魅力なため、実はピザも非常においしいです。

飲み物、特に紅茶は珍しいものもそろっていますのでお試しあれ。

ロイヤルホスト

画像引用 ロイヤルホスト

ファミレスの王座に君臨するといえば、こちらロイヤルホストでしょう。

高級な店内とサービス、そして価格帯も基本的に高価格です。

しかし、実はランチだけはお安く済むんです。ランチセット、こちらにもあります。

ランチセットならお手頃に1000円前後で美味しいロイヤルホストの味を楽しむことができるので行ってみましょう。

パスタや日替わりでフライなどもありますし、お持ち帰りのお弁当もあるので、思ったよりも近くにあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。