厳選!!相棒小野田官房長の3つの名セリフに隠された「正義」の意味とは

   2017/02/05

国民的刑事ドラマ相棒!劇場版Ⅳを控えています。

今回は前回に続き、人財の墓場と呼ばれる特命係・杉下右京の今を作ったというべき男!!

小野田官房長官、非常に根強いファンをもつ彼を「正義」という観点で解説していきます。

公開間近の劇場版からも特別に引っ張てきました。最後はネタバレ注意です!

相棒season1 最終話 午後9時半の復讐 特命係最後の事件簿

15年前、杉下右京が小野田官房長官と関わった事件が再び動き始める。小野田官房長・杉下右京の2人が、唯一チームを組んだ籠城事件の突入実行犯と人質と生き残り5人が次々と殺害されていく。そして前話、本部で関わっていた右京も官房長を庇って腹部に被弾してしまう。

これはいったい何なのか、なぜ、今、あの事件が動き出しているのか。15年前の人質の一人・閣下も絡め、15年前に残された謎と今進行中の殺人計画の捜査が動き始める。そして特命係の始まりの謎が解き明かされる。

画像引用MARBLE

 

亀山薫への言葉

使えるコネがあるなら、最大限に使う。それも立派な処世術ですよ。

名セリフに隠された意味

官房長は就職の斡旋として薫に紹介をしながら、このセリフを述べています。

小野田官房長の正義は「警察組織」としての「正義」を貫く人であり、右京・薫とはまったく違った見地で全体を考えて見ています。

警察組織を去ろうとする人間に対して「慰労」「就職斡旋」という形で去る鳥、後を濁させない。

それを無言の誘導で実行させる。その為に己の権力も振るう。時に大物にさえも。

何故なら、その先に小野田の考える「警察組織の理想」「警察組織を守る・壊す・作る」ということがあるからです。

 

 

相棒season5 20話 サザンカの咲く頃

あるソフトウェア会社のプログラマーが殺害された。

不可思議なことに忽然と、現場にあったゲソコンが寄りにもよって鑑識の管理下から忽然と消え去った。

そしてほどなくして、小野田官房長官の元部下が電話をかけた後に、サザンカを握りしめた状態で発見される。

病死と判断されるも、疑念を感じた小野田は右京に捜査を依頼。

それは防衛省、公安部を巻き込んだ大きな国家機密につながる事件へとつながっていくのであった。

画像引用 相棒が好きすぎて

岩佐長官に向けた言葉

あなたはこの手土産を持って、とっととこの警察組織から出て行ってください。お願い申し上げます。

 

名セリフに隠された意味

この事件の結末「日本版CIA」は小野田の理想のある形であった。

そして、それを利用するためには自分の上にいようがなんだろうが

「痕跡を残し、警察組織の汚点になる人物」は消す。

それが小野田のかつての部下が謎の死を遂げる前の電話を受け、捜査の最中に出した答えなのでしょう。

「警察組織を守り、作り上げるためなら誰だって消し、自分が静かに上に行く」

小野田の狡猾さであり、正義がにじみ出る台詞だったと思います。

Sponsered Link

相棒season8 第7話 鶏と牛刀

ある日、年金事務所の係長がホテルから不審な転落死を遂げる。上層部は不審死と処理しようとするが右京と尊は捜査を開始する。

直前まで一緒にいた彼の婚約者曰く、彼はある不正について気づいており、会社を辞め告発するつもりであるといっていたらしい。

彼がかかわっていたのは年金。特命係が、年金の闇に飛び込んでいく。

画像引用ぱるぷんて海の家

社会保険庁川井増沢に向けた言葉

それが何?あなた方からも将来がダイナシになる方大勢出しなさいよ!!

名セリフに隠された意味

この事件の結末は、やはり現実に起きた年金にまつわる不正でした。

その為、被害者は殺害され、右京達により不正が暴かれた。

それでもなお、社会保険庁はのお偉方は、この事実を隠そうと保身に走った。

そう、それができるのが小野田官房長。しかし、小野田も「警察組織を守る人間」としての「正義」がある。

そして小野田もまたその年金が形を変えた税金で働いている国家公務員であり、この事件で大きな「迷惑を被った」のです。

大きな見地で見れば「国民の将来」を台無しにしたのも彼ら、

そして小さな見地で言えば不審死にしようとしたものが殺人と断定され、「警察」も台無しな目に遭った

そんな人間を守る価値もない、むしろ今守るべきは自分たちであるという酷であり正確無比な正義が現れたセリフでした。

 

相棒 -劇場版Ⅱ-警視庁占拠!!特命係の一番長い夜

警視庁で籠城事件が発生。警視庁総監以下12名の幹部が人質となってしまう。

しかし、突入と同時に発見されたのは、死んでしまった元警察官である容疑者。

事故なのか?殺害したのか?殺害したのは誰なのか。

そして、神戸尊が事件直前に、人質とされていたと思しき女性警官を救出していた。

一件、関連性の無いように見えていた彼女と死亡した容疑者の関係性が見えてきたとき、また一つの謎が浮かび上がる。

「影の管理官」そして、容疑者が職を辞し命を賭して追い続けていた、ある事件には悲しい真実が隠されていた。

問われるのは、それぞれの正義。

画像引用吟遊映人[創作室Y]

 

特命係 杉下右京に向けた言葉

おかしいね 殺されるなら お前にだと思ってたのに。

 

名セリフに隠された意味

小野田はこの事件の真実が明かされたとき、ノンキャリアの三宅を処分します。

そして、その後、右京、神戸と駐車場で話をした後に三宅に刺され命を落とします。

警視庁の特命係を作ったのは小野田官房長、そして、そのきっかけである「そもそもの事件のある号令を出した」のも。

杉下右京が天才でありながら人材の墓場・特命係と呼ばれるようになったのも全てはそこに起因する。

そして、それを利用していわゆる不正や、普通は捜査できない事件を捜査させたのも自分。

それはすべて「警察組織をより良くするという正義」を貫くため。

小野田は「自分の正義を貫きながら、どこかで杉下右京への贖罪」を抱えて生きていたのかもしれない。

いつか刺されるかもしれないけれど、警察組織の為にすることをする。

正義を貫くための刀としての右京、彼になら刺されてもよかった」

多くの人を葬り、理想のために策をめぐらし生きてきた、そんな生きざますら見えるセリフです。

 

まとめ

小野田官房長、やっぱり去り際までも印象の強いキャラクターですね。

今は出てくることのないキャラクターですが、相棒の人気に火をつけたのは彼がいたから!っていうのは明らかですね。

もういないからこそ輝く、その影響力と言葉。

彼のいない相棒の世界、さぁ、相棒劇場版Ⅳはどうなっていくのでしょう。

相棒劇場版Ⅳ公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。