【人物相関図】田中直樹主演日テレ「増山超能力師事務所」は木曜24時から!

 

【画像出典 「増山超能力師事務所」公式サイト】

はじめに

 

ココリコ・田中直樹さんがメインキャストのドラマ「増山超能力師事務所」が読売テレビ・日本テレビ放送の木曜の深夜ドラマの枠で2017年の1月5日(木)23:59から放送がスタートされています。

超能力を使用することが可能な人たちの物語というのですから、どういった物語の全容になってくるのであろうかとってもワクワクしますね。

メインキャストにはココリコの田中直樹さんが抜てきされていますが、少し前からはお笑い芸人というのではなくテレビ俳優の立場でのサクセスが素晴らしいですね。

「増山超能力師事務所」キャスト紹介

 

増山圭太郎:田中直樹

面倒臭いが口癖の増山圭太郎は「増山超能力師事務所」の所長である。そのくせ女性にモテモテな男で日本超能力師協会主催の認定試験に見事合格した一級の超能力師なのだ。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

増山文乃:???

増山の奥さんで「文乃事件」と言われているミステリアスなある事件の重要な足掛かりを握っている人物。

 

高原篤志:浅香航大

見習いの二級超能力師で、スケベなことばっかり考えているので、だいたい怒られている事が多い。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

中井健:柄本時生

二次元ものに目がなくて人間が嫌いという二級超能力師。猫や犬を探しあてるスペシャリストでテレパシー系に力を発揮する。おなかが壊れやすい。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

Sponsered Link

住吉悦子:中村ゆり

以前は女番長でコスプレをする事で潜り込み調査を行なうということが十八番とする二級超能力師。一級超能力師の合格点がすぐそこである。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

大谷津朋江:平田敦子

増山超能力師事務所の経理の中年女性でごくごく普通の人である。ただし年の功で先見の明はキレがある。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

 

河原崎晃:忍成修吾

K’sサイキック・オフィスの所長で増山のかつての第一の子分的な位置付けである。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

 

宇川明美:ルウト

美形の下積み期間の女の子。コントロールが出来なくなってしまうキャパシティーが傷。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

高鍋逸夫:鹿賀丈史

日本超能力師協会専務理事でミステリアスな会社高鍋リサーチの所長。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

 

榎本克己:六平直政

荒川中央警察署の刑事さんで文乃のかつての正体を知る男である。

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト】

 

 

「増山超能力師事務所」あらすじ

 

「超能力で困った人を助けたいと思います」…日本超能力師協会がスタートし、認定テストを通過した“超能力師”がお目見え。

高鍋リサーチに勤めている増山圭太郎(ココリコの田中さん)のお仕事は今までになかった能力者の取り調べなのであるが、高鍋逸雄(鹿賀丈史さん)が事件に関する“危うい”能力者の取り調べを急ぐよう申し渡しているというのに反し、増山はどういうわけか一味も二味も違う“へっぽこな”能力者(浅香航大・中村ゆり・柄本時生)をヘッドハントを実行していく。

一体全体、増山の企みは!?原作に持ち合わせていないエピソードより新ドラマが始動していく!

 

【人物相関図】

【画像出典 増山超能力師事務所公式サイト「人物相関図」】

 

【まとめ】

超能力を利用することのできる人達を見ることができるドラマ「増山超能力師事務所」なんですけれども、どういった超能力が、ドラマで例えられる結果になるのかそれはそれはワクワクします。

加えて、出演するキャストもユニークで個人的な事でいうと忍成修吾さんとルウトさんがいかなる演技を提供してくれるのだろうかすっごくわくわくしていますね。

 読売テレビ・日テレの木曜日の夜の時間帯ドラマ枠は前クールはバカリズム升野さんが脚本の「黒い十人の女」が放送していました。このドラマ枠の視聴率は3%から5%で移り変わっているのですが、「ストロベリーナイト」などといった注目作を産み出していらした誉田哲也さんの小説が原作というのですから5%の壁を上回ることに期待していたいと思います。

木曜日23時59分~は、「増山超能力師事務所」見逃せませんね!

詳しくは、こちら「増山超能力師事務所公式サイト」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。