佐藤江梨子さんが訪れた北海道のパワースポット摩周湖ってどんな御利益があるの⁇

 


画像出典キナリノ

佐藤江梨子さんって??


画像出典公式HP

キューティハニーを演じても全く問題の無い超プロポーション抜群、元グラビアの女王といえば彼女はその一人でしょう。
今や結婚妊娠出産を経てママタレとなりましたが、変わらずその演技力や美的センスで活躍なさっているタレント女優さんですね。
今回はそんな彼女が復帰後に、「朝だ!生です旅サラダ」で訪れた北海道のパワースポット北海道の摩周湖について特集していきます。

北海道のパワースポットって??

有珠山、神居古潭、北海道大神宮、阿寒湖、千本ナラ、旭川天満宮、オンネトー、小樽竜宮神社、樽前山神社、白石神社
義経神社、札幌伏見稲荷神社、西野神社、芽生神社、大沼駒ケ岳神社、千歳神社、鳥取神社、函館八幡宮、上川神社
美瑛神社、洞爺湖、美瑛の青い池、神の子池、羊蹄山、神威岬、支笏湖、大雪山、ヤイタイ島、神仙沼、白ひげの滝
ニセコ、駒ケ岳神社、礼文島

Sponsered Link

摩周湖の御利益って??

 


画像出典キナリノ

実はこの摩周湖は恋愛開運の御利益があるとされています。
霧の摩周湖とも呼ばれ、移ろいゆく恋を見守る象徴でもあるのかもしれませんね。

四季折々、その日の天候により、水の色や霧、また周りの風景が全く異なるそうで、とても見ごたえがあるそうです。
北海道という土地自体が、日本の中でも異質というか、規模が違いすぎますからね。
それはそれは大きな規模での変化が起きると思われます。考えるだけで美しいですよね。

また、摩周湖の真ん中にポツンと浮かぶ島は「カムイシュ島」いわれ、「神になった老婆」という意味だそうです。
摩周湖は、アイヌ族の言語があちらこちらに残っています。アイヌ自体は、純血で100名ほどが残って生活しているそうです。
そして、このカムシュイ島は孫を抱いて逃げた末に孫さえも見失い、その悲しみで島になったという伝説が現存します。
その位、アイヌにまつわることは、この摩周湖には残っているのです。
人は徐々にいなくなれど、思いは残る、それを体現したような土地だと思います。

さて佐藤江梨子さんですが、妊娠出産後に、こちらを訪れています。
お母さんという生き物は、赤ちゃんを産んだ後が最も力が強いようにできている生き物なんだそうです。
そのため、こちらで日々の育児から少しリラックスして、パワーを吸収してまさに、より力強いママになったのではないでしょうか。
ママタレという枠ができた現在でも、彼女は、ママタレというよりも女優としての側面が強いように思います。
ママタレではなく本人の実力で戦っていけるという証明でもありますし、後押しを受けたのかもしれませんね。

摩周湖アクセス情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。