初回視聴率7.7% 小雪主演フジテレビ「大貧乏」は日曜21時

   2017/01/24

【画像出典 「大貧乏」公式サイト】

今年1月8日からスタートしている日曜夜9のドラマ『大貧乏』は、“マネー”と“愛”について書かれた100%オンリーワンの笑えるドラマです。権力者の欲望によって無一文に追い込まれてしまったシングルマザーが、不合理なこのご時世に挑戦する奮闘劇になります。

ワンパクな息子じゃじゃ馬な娘を抱えて時間に追われる日々を過ごしていくヒロイン。そうでなくとも時間が無いにもかかわらず、仕事に従事していた会社が経営破綻、それに加えてその見えない部分には秘密があって、気付いた時には秘密をあばく位置づけに巻き込まれ…ついでに自分から願ってもいなかった新しい恋まで訪れてすっちゃかめっちゃか!

 そのような状況に追い込まれているにも拘らず、かけがえのない子供達との日々の生活をキープするため、苦悩しながらも進んでいくたくましい“母”の姿を描いています。ヒロインはフジTV連ドラ初のメインキャストとなる小雪さんです。ヒロインを手助けする茶目っ気ある一流弁護士役をするのは伊藤淳史さんです。この2人の凸凹タッグが、日曜の夜にスッキリとさせる心地良さと笑顔をお届けしてくれます。

「大貧乏」のキャスト紹介

七草 ゆず子 : 小雪

1歳年下の旦那に裏切られ別れた。それからというもの女手ひとつだけで8歳になる息子の翔太と6歳の娘、実結を成長させてきたシングルマザー。苦労もあったのですが、2人の子供たちの成長をどんなことよりモチベーションとして、3人の日々の生活に重点を置いている。生真面目で、簡単に言うとちょっとだけ堅物である。贅沢は慎み、毎月少額ではあるのだけれど目立たないながらも貯金をしてきたのだが、トラブルにトラブルが重なり一文無しに陥ってしまう。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

柿原 新一 : 伊藤淳史

有名企業のM&Aやおおきな裁判トラブルを数多く抱えて、個人経営の事務所としてはこの業界国内3位の実績を持っている柿原法律事務所の代表。頭脳明晰、ネゴシエイション力も高レベルであり得ないほど仕事が早い並外れたエリート。学生の頃から真剣に勉強するお堅い優等生でしたが自分に自信が無く、引っ込み思案でした。それに伴って、相変わらず恋愛はメチャクチャ奥手。でも高校時代のあこがれの同級生である「ゆず子」と再会。彼女が窮地に見舞われている事実を知り、接近する絶好のチャンス! とばかりに助け舟を出していく。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

加瀬 春木(かせ・はるき):成田凌人

ゆず子が勤務していた人材派遣会社DOH営業部門の若きエース。高身長で眉目秀麗、頭もキレ、人心掌握にまで長けていて、人があこがれるものを例外なく全て兼ね備えている。入社3年ながら引き抜きされるくらいスゴ腕なセールスマンで、ストリートワイズな青年。じつはDOHにある気持ちを内に持っていて、ゆず子や柿原と一緒に、DOH経営破たんの真実を探ることになる。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

木暮 祐人(こぐれ・ゆうと):神山智洋(ジャニーズWEST)

若いのにもかかわらず司法試験に合格する実力を有する優秀なフレッシュマンで正義を守り抜き活躍する若き弁護士。柿原に魅力を感じ、柿原法律事務所に入社。洞察力に長け、柿原が要求することを瞬時に把握できるので柿原も木暮を相当可愛がっている。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

浅岡 礼司(あさおか れいじ):滝藤賢一

DOHの経理部長である。落ち着いていて部下の人間であろうとも敬語でふれあう紳士的なリーダー。DOH設立の内情を良く知っている数少ない社員の一人で、DOH経営破たんをめぐって相次いで襲い掛かる波乱の展開のキーポイントを左右している人物。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

天満 利章(てんま・としあき):奥田瑛二

DOHの代表取締役社長。従業員のコメントであろうとも聞く耳を持ってくれる真摯な振る舞いで、人格者の名声高く、社内はもちろん社外からも厚い信頼を寄せられる存在である。シングルマザーのゆず子が働きやすい仕事環境を調節してくれた恩人。ある事件がきっかけになってDOHの経営破たんを告げ知らせることとなり、絶望のどん底に見舞われることとなる。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

櫻沢 まりえ :内田理央 

ゆず子がただひとり本音をぶっちゃけて話すことができる親友のママ友。元ヤン。お互い一番上の子を産んだ時に同室であったことがきっかけとなって仲良くなってからずっと、何かあれば遠慮することなく協力し合う、今となっては戦友と言うこともできる結びつき。しっかり者で本心をきっぱりと言う性分のせいか、ゆず子とは歳が一回り離れているが、年の差は微塵(みじん)も感じることがない。
【画像出典 大貧乏公式サイト】

 

「大貧乏」あらすじ

ストーリーは、ヒロイン七草ゆず子(小雪)の仕事をしていた会社が突如として経営破たんし、給料も貯えも思いつく限り全てを失くし、その名が示す通り“大貧乏”に大転落することになってしまったところからスタートします。職無し、金無し、子供有り。瀬戸際に立たされ、どうしていいかオロオロしていたゆず子に、なんの縁も結びつきもない超一流弁護士・柿原新一(伊藤淳史)より連絡が…。“なんの縁も結びつきもない”と考えていたのはゆず子だけのことで、実際のところ柿原は、ゆず子の元同級生であったのです!

かなり小柄で、人の良さそうな外見からしたらちょっと見頼りないみたいな柿原ではありますけれど、なんと1年間の総売上107億の収益を挙げるスゴ腕弁護士になっていたのです。そんな柿原は、高校時代からゆず子に思いを募らせていたわけです。そうして現在、ゆず子が立たされた現状を入手して、助けたい(逢いたい?)一心で勇気を振り絞って連絡をしてきました。「会社の経営破たんには裏が存在する」と柿原は提唱するのではありますが、ゆず子は、それよりも日々の生活を安定に結びつけることを考えて働き口を探し出すことのほうが大事であると、柿原の提唱を突っぱねてしまうのです。

だけど、「何よりも大切な家族の安定した日々の生活が取られた事態に、疑問を持たないのはなぜなの? なにひとつ認知しようとしないでずっと不利益を被ってしまうの?」と本質をつく柿原の発言や、母親を気づかいする子供たちの姿に心を打たれ、ゆず子は強い母になろうと決意。柿原のゆるぎない調べの結果、経営破たんを引き起こしてしまった一端と想定される不可思議な巨額なお金“30億円”が隠されている可能性が発覚する。その核心に触れるにしたがって、より一層のスケールの大きい影響が及んでいく結果に…。 ゆず子と柿原、ビジュアル的にも中身も例えるならばチグハグで凸凹なこの2人ですが、敵は1つ。 はたして彼らは悪の正体を明らかにし、反撃させることができるのでしょうか?

Sponsered Link

【人物相関図】

【画像出典 大貧乏公式サイト「人物相関図」】

 

【まとめ】

初回の視聴率7.7%でした。ドラマ大貧乏ではいきなりゆず子の派遣会社が経営破たんしていたのですが、いきなり日々の生活に苦悩するといったような展開となっていましたが、このシナリオに「えっ!?」と考えた視聴者はかなりいるに違いないかと思います。

会社が破たんをしたなら普通だったらば失業手当も出るじゃないですか?母子手当や育児手当だってあるわけですからね~。 ドラマタイトルが『大貧乏』であるならば大貧乏になるだけの説得させる力が残る展開にしていただきたかったですね。

でも、ラストにはどちらに転ぶかわからないけど、 ゆず子(小雪)が弁護士の柿原(伊藤)と再婚して 超金持ちに発展する!?って最終回も存在するのかも と思ったりもしたけど、 おそらくシングルマザーという立場でパワフルに日々を過ごしていく! というラストになるのではないでしょうか?

日曜日よる9時は、「大貧乏」見逃せませんね!

詳しくは、こちら「大貧乏公式サイト」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。