温泉旅行はやっぱり子供と一緒に泊まりで行きたい!使える裏技はコレだ!

   2017/01/17

ba6f724f77da8efdbd70bd49a7e6ed14_m

 

たまには家族で出かけてのんびりと温泉に泊りがけで行きたい・・・。でも子供と一緒だといろいろ制約もありそうだし・・・と考えてらっしゃる方もいると思います。

でも、実際には工夫次第でものすごくお得に家族そろって温泉旅行できる裏技があるのです!この記事ではそんな裏技をご紹介します。

料金を安くするコツ

未就学児童のうちにシーズンをずらした旅行を楽しむ!

子供の料金は乳幼児以下のケースだと非常に安く済みます。さらに月曜~金曜などの平日をターゲットにすることが、超安い温泉トラベルのメインのキーポイントになります。

温泉トラベルのパンフ等々をチェックすると、お盆、年の瀬年明け、春の大型連休については、かなりのコストがかかることが分かります。加えて、休みの前の日なんかも値段はほんの少し割高ですね。

逆に時期外れのウィークデーでしたら、お手頃な温泉トラベルが可能なのです。金~土曜を使って行くのと日~月曜を使って行くのでは価格に天と地ほどの開きが出ます。

週初めに重なるので、子供連れの家族でも、子どもが小学校に入る前にちょうどいいテクニックだと言えますね。

時季外れは温泉施設でも宿泊施設でもお客様に足を運んで貰いたいので、バラエティーに富んだ破格の料金サービスを行ないます。

普段なら2万円の金額が求められる温泉トラベルが8500円で行くことが出来たりしちゃいます。

 

Sponsered Link

 

「添い寝」を使いこなせば、お子様完全無料も夢じゃない!

ウィークデーを休めないパパさんのことを考えて、次にあげる子供連れ破格値温泉トラベルのポイントは「ちびっこ予算をゼロ円に決定すること」をご提案します!

お子様は半分割り額!!ということじゃなく完全に0円!ということも可能なのです。日本国内で温泉宿泊施設の中においては、お子さんが親御さんと添い寝でいいよ!というならばお金がかからない所が拡大してきています。

こちらの添い寝ちびっこと言われているのは、小さな子に適した布団あるいはアメニティがつかないという点。

いくつを対象にした小さな子を意味するかは温泉宿泊施設によりまったく異なるので、直接聞いてみる以外ないこともあります。

リーズナブルな大人料金に加えて、ちびっ子がタダなら正真正銘お手頃な「子供を連れて温泉に行こう!」の旅が可能ですね!

超安価トラベル会社「トクー!トラベル」は、旅館に問い合わせをしなくても。添い寝ちびっこ費用もハッキリしてます。

その他おとな一人のプライスではなくて、一家そろって一泊おいくらになるのか?などをご自身であれこれ比べられるから、破格の価格で子供連れて温泉に旅行でも行きたいな~というときに役に立ちます。

 

直前予約なら旅館・ホテルが大幅割引 – 格安旅行ならトクー!

%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%bc

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。