境川部屋豊響は2年がかりで境川部屋に入門した変わり種!?

   2017/01/08

【画像出典 日本相撲協会】

このページでは豊響 隆太さんのことを紹介します。山口県出身で、境川部屋に在籍しています。

女手一つで育てられた豊響について、印象的なのはお母さんの豊美さんとのエピソードです。高校在学中、境川親方から勧誘を受けた際、入門をすすめたお母さんに暴言を吐いている様子をが発覚して一度入門が破談になったという豊響。2年後に自ら境川部屋を志願し、当時の無礼をお詫びして相撲の世界へ進みました。

豊響は、2016年2月に旅行代理店に勤務の里由貴さんと挙式をあげています。出会いのきっかけは、2010年3月場所の会場で里由貴さんがアイスクリームの売り子をしているのを見かけてから。一目惚れがついにゴールインを果たし、まさに幸せ絶頂ですね。

 

豊響ってどんな人

豊響は、山口県下関市出身で本名門元 隆太さん。

四股名は本名である門元から豊響に変わっています。「豊」の文字はお母さんの豊美さん、「響」の文字は出身校の響高校に由来するのだそうです。

昭和59年11月16日生まれで、身長は185.0cm、体重は182.0kgです。

奥さんの作るクリームシチューはとても美味しいとコメントしています。

Sponsered Link

戦歴・受賞歴

2016年11月場所時点での戦歴は以下の通りです。

生涯戦歴は71場所合計で476勝456敗30休です。

幕内戦歴は51場所合計で343勝392敗30休です。

また、受賞歴は、十両優勝2回、序二段優勝1回、敢闘賞3回、金星1回です。

 

決まり手の傾向

2016年11月まで1年間にわたる取り組みの結果にによると、決まり手の傾向は以下の通りです。

押し出し44%、突き出し21%、寄り切り18%、その他17%です。

決まりての80%以上が前に出て決着をつける強気の相撲です!

90取組39勝という負け越しの成績をおさめています。

 

平成28年の豊響関の成績

1月場所では、西前頭十四枚目の地位で8勝7敗でした。

3月場所では、東前頭九枚目の地位で3勝12敗でした。

5月場所では、東十両二枚目の地位で9勝6敗でした。

7月場所では、東前頭十三枚目の地位で7勝8敗でした。

9月場所では、西前頭十三枚目の地位で6勝9敗でした。

11月場所では、西前頭十五枚目の地位で6勝9敗でした。

最後9敗と残念でしたが、来場所からは力強い押し相撲を期待します!

 

【まとめ】

平成の猛牛と呼ばれ、馬力十分の立ち合いが魅力である豊響。大ぶりのつっぱりが特長です。2016年は最も変化を受けたとの記録もあり、弱点を克服して来場所以降の勝ち越しを期待しています!

頑張ってください!

 

日本相撲協会公式ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。