荒汐部屋蒼国来 八百長騒動を乗り越えて大健闘中!

   2017/01/05

【画像出典 日本相撲協会】

このページでは蒼国来 栄吉さんのことを紹介します。中国出身で、荒汐部屋に在籍。蒼国来関は、無事に大相撲に復活した力士であることで知られていますね。 2011年2月に内部告発から発覚した八百長問題は、日本を揺るがす大事件となりました。その際、関与したのではないかとされた蒼国来は、いったん協会からの引退勧告処分をうけてしまいます。

しかし、その後蒼国来は潔白を証明するべく、裁判を起こします。2年間のブランクを経て、執念の努力を実らせ、2013年3月に東京地裁はこの度の解雇処分は無効であるという判決を下しました。協会から正式な謝罪を受け入れ、蒼国来は気持ち新たに土俵へ復活したのでした。

さて、蒼国来のプライベートについては、奥様のことを紹介します。お相手は、黒髪の美女、トンガラさんです。貿易関係のお仕事をされているのだそうです。

蒼国来ってどんな人

蒼国来は、中国内蒙古自治区出身で本名恩和图布新さん。 四股名は苍國来から蒼国来に変わっています。蒼という文字には、出身国の雄大な草原や空に由来するのだそうです。 昭和59年1月9日生まれで、身長は185.0cm、体重は144.0kgです。 趣味はラジコンなのだそうです。

Sponsered Link

戦歴・受賞歴

2016年11月場所時点での戦歴は以下の通りです。

生涯戦歴は66場所合計で350勝311敗18休です。

幕内戦歴は19場所合計で132勝141敗12休です。

また、受賞歴は、三段目優勝1回、序ノ口優勝1回です。

 

決まり手の傾向

2016年に実施された全6場所の取組結果によると、決まり手の傾向は以下の通りです。

寄り切り43%、上手投げ15%、押し出し5%、その他37%です。

グラフから分かるようにとても力強い押し相撲ですね!

88取組40勝という負け越しの成績をおさめています。

 

平成28年の蒼国来関の成績

1月場所では、西前頭五枚目の地位で8勝7敗でした。

3月場所では、西前頭四枚目の地位で5勝8敗2休場でした。

5月場所では、東前頭九枚目の地位で7勝8敗でした。

7月場所では、西前頭九枚目の地位で6勝9敗でした。

9月場所では、東前頭十一枚目の地位で5勝10敗でした。

11月場所では、東前頭十四枚目の地位で9勝6敗でした。

9勝という堂々の勝ち越しで締めくくった蒼国来、来年はさらに期待です!

 

【まとめ】

八百長疑惑と復帰という、壮絶な騒動を経て、荒汐部屋の親方を囲む力士たちは強い絆で結ばれました。

2年間の裁判の間も稽古を続けた、強い精神力をもつ蒼国来は、今後ますます力を伸ばしていくでしょう。

今後とも応援しています!

 

日本相撲協会公式ページはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。