高田川部屋 輝関は大横綱輪島の親戚!

   2016/12/26

【画像出典 日本相撲協会】

このページでは輝 大士さんのことを紹介します。石川県出身で、高田川部屋に在籍しています。

輝関は、シコ名の改名の際に、遠い親戚にあたる元横綱の輪島から下の名前をもらっています。

若手力士の中でも、特に大きく期待されている力士である輝関、実は幼稚園時代から立派な体格の持ち主だったようです。遠藤関と同じ石川県七尾市出身で、後輩として先輩を倒すように上がりたいと闘志を燃やす輝関。親方も太鼓判を押しています。また、大先輩である若の里は、輝のことを純粋で無垢、寡黙でチャラチャラしていないと評価しています。

また、輝は、「胸が綺麗な力士」としても注目を集めています。中卒力士、たたき上げの精神にファンは一同注目をしています。若いホープ力士の、今後の活躍が期待されますね。

 

輝ってどんな人

輝は、石川県七尾市出身で本名達 綾哉さん。

四股名は本名の達から輝に変わっています。

2015年に開通した北陸新幹線の「かがやき」にもちなみ、命名されたのだそうです。

平成6年6月1日生まれで、身長は193.0cm、体重は159.0kgです。

Sponsered Link

 

戦歴・受賞歴

2016年11月場所時点での戦歴は以下の通りです。

生涯戦歴は40場所合計で211勝166敗です。

幕内戦歴は4場所合計で26勝34敗です。

また、受賞歴はありません。

 

決まり手の傾向

2016年11月場所までの、年間6場所の取り組み結果によると、決まり手の傾向は以下の通りです。

押し出し37%、寄り切り21%、突き落とし19%、その他23%です。

真っ向勝負の押し相撲ですね!

90取組43勝うち不戦勝3含むという負け越しの成績をおさめています。

 

平成28年の輝関の成績

1月場所では、東前頭十六枚目の地位で4勝11敗でした。

3月場所では、西十両四枚目の地位で7勝8敗でした。

5月場所では、東十両五枚目の地位で10勝5敗でした。

7月場所では、東前頭十四枚目の地位で7勝8敗でした。

9月場所では、西前頭十四枚目の地位で9勝6敗でした。

11月場所では、西前頭九枚目の地位で6勝9敗でした。

10勝、9勝という強さが目立ちます!来年は是非勝ち越し定着を!

 

【まとめ】

「正々堂々、真っ向勝負」がモットーの輝関。十両に上がるまでに時間がかかった分、ファンの期待はますます大きくなっています。

今後の活躍を期待しています。

これからも頑張ってください!

 

日本相撲協会公式ページはこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。