大相撲の観戦チケットの購入方法 こうすれば安くて簡単!

 

 

大相撲の観戦チケットの購入方法を説明

大相撲はテレビでしか見たことがない・・・という方も多いと思います。

でも、テレビで大相撲を見ていると取組と取組の間に、観覧席で楽しそうに相撲観戦している観客の顔やお弁当を食べながら楽しそうにおしゃべりしている様子、自分のお気に入りの力士の横断幕をふり応援する姿などがよく映ってますよね。

自分も一度は、あの観覧席で観戦したいと思っていても、チケットの買い方が分からないし、何だか敷居が高い気がすると思っている方も多いと思います。

今回は、大相撲の観戦チケットの購入方法と一番買いやすい方法や安く手にいれる手段はあるのかをお話していきます。

 

 

地方の方は大相撲チケットを含む旅行パッケージが便利!

画像出典:クラブツーリズム

http://www.club-t.com/spgroup/special/bus/sumo/

 

大相撲の観戦チケットの手に入れる方法は、旅行会社の観戦ツアーなどに参加する方法と自ら観戦チケットを購入する方法があります。

旅行会社の大相撲観戦ツアーに参加するプランだと、旅行会社にお任せの形になるので往復の交通のことも心配ないですし、お弁当やお土産もセットになっています。

手間が省けますが代金はお高めになってしまいますが手軽で便利な方法と言えるでしょう。

 

大相撲観戦チケットを自分で買う方法

画像出典:日本相撲協会

http://www.sumo.or.jp/

初めて大相撲の観戦チケットを購入する方に簡単でおすすめの方法は、チケット大相撲でのネット支払いで買う方法とチケット大相撲に電話で申し込む方法とプレイガイドなどでの店頭販売があります。

「チケット大相撲」とは「日本相撲協会公式のチケット販売サイト」のことです。

こちらのサイトはネット支払いと電話申し込みができるので、お好みでの方法でチケットを手に入れるといいと思います。

ネット支払いで購入した時はお近くのコンビニで受け取りができます。

チケットぴあやコンビニなどのプレイガイド等での店頭での販売も手に入れやすい方法ですね。

上記以外にも相撲案内所での販売や切符売り場での直接販売もありますが、初めての方には難しい点もあるので、積極的にはおすすめしません。

 

割とチケットが手に入りやすいのは平日や正面ではない席ですが、逆に難しいのは初日と中日、千秋楽の正面の席はもちろんのこと、ファンに人気の席はやはり力士が歩く花道沿いの席です。販売直後から花道沿いの席と正面の真ん中の席からだんだんと満席に近づいていきます。

一般の方が手に入れることができる席はマス席とイス席があってその場所の初日から約1ヶ月前からの販売になります。

マス席は、土俵から近いほど席の代金は高くて遠くなるほど安くなります。

 

 

大相撲のチケットを安く買う方法ってあるの?

画像出典:日本相撲協会

http://www.sumo.or.jp/TicketTokyo/special_ticket

 

チケット代が安く済んだらいいなと思う方も多いと思います。

両国国技館の観戦チケットをお安く購入する方法としては、自由席の当日券2100円で買うことができます。

当日の早朝から順番待ちに並んで購入することになるので、早起きしなければいけないとか空席がいつまであるかわからないなどの手間や不安要素があるので確実ではないでしょう。

チケットの代金は座席のランクで決まるので、安さを求めるとイメージしているような観戦ができないかもしれません。

マス席の定員は4人ですが、女性4人だとちょうどいい感じで座れます。

男性4人だと狭い感じになりますのでスペースに余裕が欲しい方には、4人用のマス席を2人で座るという方法もありです。多少お高くてもゆったりと観戦したい方にはおすすめの買い方です。

生のお相撲さんの取組をお弁当食べながらリラックスしてゆったりと観戦するというのも贅沢でいいかもしれません。

 

まとめ

大相撲観戦に行くには、旅行会社のツアーに申し込むか自らでチケットを買うという取り方があります。チケットの買い方にも様々な方法があるのでお好みの取り方を見つける事が大相撲観戦への近道かもしれないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。