大相撲地方巡業 スケジュールを確認してぜひ見に行ってみよう!

   2016/12/19

【画像出典:武蔵川部屋】

朝からずっと楽しめる!巡業の一日の流れはこうなっている

前日に巡業地へ到着

【画像出典:八角部屋】

親方や力士などの大相撲一行(約270名)は前日に巡業の都市に入ります。

8時頃 開場~寄せ太鼓

開場の時間に合わせて呼出しさんが太鼓を打っていよいよ巡業のスタートです!

 

8時30分幕下以下の稽古開始

朝早くから幕下以下の力士達が、未来の関取を目指し激しい稽古に熱が入ります。

 

8時~9時頃 握手会開催

人気力士達が15分交替で握手会をしてファンの人達とふれあいます。

 

8時30分頃~10時30分頃 十両力士・幕内力士の稽古が開始

十両⇒幕内⇒大関⇒横綱の順番で激しいぶつかり稽古が繰り広げられます。

順にだんだんと番付の上位の関取衆の稽古が行われますので力士の鍛えあげられた姿を目の前で見ることができます。

 

10時30分頃~10時45分頃 子供達との稽古開始

関取衆の稽古が終ると地元の相撲クラブや小中学校の少年達が人気の力士の胸を借りて稽古をします。

小さな身体の子供たちが大きな身体の力士に体当たりする様子に会場は大盛り上がりです。

巡業の目的でもある青少年健全育成の一つで子供達に相撲協会名入りのまわしを贈っています。

 

11時頃~ 力士たちの取組開始

幕下以下の力士の取組がいよいよスタートです。地元にゆかりのある力士などが出てきたら場内の声援はより大きなものになります。

序二段→三段目→幕下と順に若い力士達の取組があり、取組の間には「初切」や「相撲甚句」それに「櫓太鼓打分」などの地方巡業でしか見ることができない一風変わった出し物が行われます。

その他にも勧進元が用意する人気力士の髪結い実演や横綱綱締め実演などのお好みコーナーも取組の進行の間に行われることもあります。

 

12時30分頃~ 土俵入り開始

化粧まわしの十両の地位にある力士の堂々とした土俵入りのあとには、幕内をめざす若い力士とベテラン力士の十両取組があります。

中入り(休憩)のあとに、きらびやかな化粧まわしを締めた幕内力士達の土俵入りが始まります。

小さな赤ちゃんを抱っこしての土俵入りが実施されるため、その場面では地方巡業ならではのあたたかな空気が広がります。

 

13時30分頃 横綱土俵入り開始

太刀持と露払いを従え、一番の見どころになる横綱が土俵入りします。

大相撲400年の歴史を垣間見ることができる大変華やかな場面になります。

 

13時50分頃 幕内取組開始

テレビでおなじみの相撲界のトップクラスの幕内力士の熱い戦いが始まります。

結びの一番は大変に賑わい、盛り上がりはクライマックスを迎えます。

 

15時頃 弓取式~打ち出し

結びの一番が終わったあとは、その日の締めくくりの弓取式が行われて興行がすべて終了です。

 

15時30分頃 次の巡業地に

力士達はバスに乗リこんで次の巡業地に出発します。

Sponsered Link

お好み(催し物)

【画像出典:追手風部屋】

 

相撲甚句(すもうじんく)

美声力士による「相撲甚句」の甚句とは昔は型と呼ばれて、土俵上で攻める型や守る型を見せながら唄っていたそうです。

今は化粧廻しを締めて手拍子や足のリズムに合わせて唄います。

 

初切(しよっきり)

相撲の禁じ手や希少な決まり手を面白おかしく2人の力士がわかりやすく解説してくれます。

江戸時代より行われているそうで初切の「初」は「始め」そして「切」は「終わり」の意味になります。

相撲の技を、見せる技から実践的な技へと変わっていくさまに魅力を感じます。

 

櫓太鼓打分(やぐらだいこうちわけ)

相撲界初の生存者叙勲の「名人呼出し 太郎」がお好みとして披露し始めたものです。

寄せ太鼓

相撲協会の前身の相撲会所の時代に相談事があった時に親方衆を呼び集める時の合図です。

一番太鼓

天下泰平、五穀豊穣を祈願して行われ、清めの太鼓とも言われて昔は真夜中の2時か3時に叩かれていたそうです。

はね太鼓

相撲が終わると同時に叩かれます。そしてお客さんに向かって「ごきげんようお帰りください。また明日のおいでをお待ちしております。」と叩かれているそうです。 ですので、1日興行や千秋楽などの翌日にない日は打たれません

 

【まとめ】

さて、どうですか?

もう行ってみるしかないですね!

スケジュールについては、日本相撲協会公式サイトに順次最新情報が掲載されます。

日本相撲協会巡業スケジュール はこちらをクリック!

ぜひ、自分の住まいの近くの情報を探して、実際に見に行ってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。