佐渡ヶ嶽部屋 琴勇輝関 「ホウ」を封印して三役定着を!

 

【画像出典 日本相撲協会】

このページでは琴勇輝 一巖さんのことを紹介します。香川県出身で、佐渡ヶ嶽部屋に在籍。

琴勇輝関は、立会い前最後の仕切りに気合の掛け声「ホウ!」「ポウ!」と声を高らかに上げていたことで知られていました。

しかし、2016年4月に相撲協会から注意を受け、以後その姿を見られなくなってしまいました。理由としては、「土俵という場所は神聖な場所」だからなのだそう。体を動かし取組に挑むのと、大声を出して相手を威嚇するのではわけが違うという理屈です。

琴勇輝の「ホウ!」が出るたびに会場が沸きあがり、取組の相手にとっては集中できなかったというのも理由なのかもしれません。

「ホウ!」を楽しみにしていたファンとしては少し残念ではありますが、守るべきルールがあるのであれば仕方がありませんね。

 

琴勇輝ってどんな人

琴勇輝は、香川県小豆郡小豆島町出身で本名榎本 勇起さん。

四股名は琴榎本から琴勇輝に変わっています。佐渡ケ嶽満宗親方によると、先代の師匠の教えから、「今に王になるという」縁起の良い「琴」という文字を新弟子の名前にも使っているのだそうです。観音寺市の琴弾八幡宮に由来するとのこと。

平成3年4月2日生まれで、身長は  176.0cm、体重は172.0kgです。

銭湯巡りが趣味なのだそうです。

Sponsered Link

戦歴・受賞歴

2016年11月場所時点での戦歴は以下の通りです。

生涯戦歴が52場所合計で325勝261敗27休です。

幕内戦歴が18場所合計で126勝121敗23休です。

また、受賞歴は、十両優勝1回、殊勲賞1回、金星1回です。

 

決まり手の傾向

平成28年度に開催された通年6回の取り組みによると、決まり手の傾向は以下の通りです。

押し出し48%、突き出し20%、突き落とし7%、その他25%です。

力強い押し相撲と、キレのある突き落としが持ち味です。

90取組46勝という勝ち越しの成績をおさめています。

 

平成28年の琴勇輝関の成績

1月場所では、西前頭四枚目の地位で9勝6敗でした。

3月場所では、東前頭筆頭の地位で12勝3敗でした。

5月場所では、東関脇の地位で7勝8敗でした。

7月場所では、東小結の地位で2勝13敗でした。

9月場所では、西前頭八枚目の地位で10勝5敗でした。

11月場所では、東前頭四枚目の地位で6勝9敗でした。

関脇という地位を経験した後、小結で負けが目立ちましたが、下位力士との対戦では圧倒的な強さを示していますね。

来年が楽しみです!

 

【まとめ】

突きや押しの相撲を得意としている琴勇輝。香川県小豆島では初の三役入りを果たしました。

今後ともますますの活躍を期待しています。

ファン一同心より応援しています!

 

日本相撲協会公式ページはこちら

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。